診療案内Medical

Implantインプラント

第二の天然歯とまで言われています

インプラントとは、虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合に、骨に直接埋め込む人工の歯(人工歯根)のことを言います。

歯を失った場合にそのままにしておくと、周りの歯が傾いてしまうので、何らかの形で早期治療が必要となります。インプラントは咬む力が入れ歯とは比べ物にならないほど強く、お手入れも簡単なので、入れ歯よりも幅広く食事が楽しめます。

歯を削ることなくしっかり咬み合わせを回復できる

残念ながら一本の歯を失ってしまった場合、放置すると隣の歯が傾いたり、かみ合う歯が伸びだしてきたりします。
歯は隣の歯と支えあい、上の歯と下の歯で咬み合い、高さを維持しています。抜けたまま長期間放置するとさらに問題が大きくなってしまうのです。

両隣の歯を利用し、ブリッジという方法で咬み合わせを回復する手段もあります。しかしながら、両隣の歯が健康な歯であった場合に、削ってしまうのは非常に残念です。
健康な歯を削るのは我々医療に従事するものにとっても心が痛むことなのです。
インプラントを用いた治療であれば、健康な歯を犠牲にすることなく咬み合わせを回復することができます。

インプラントなら周りの歯に負担をかけません

従来は歯を失った場合、ブリッジや義歯(入れ歯)を作っていました。ところが、ブリッジは失った歯をはめ込むために両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなることがあります。また、義歯(入れ歯)は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。また、抜けた本数が多い場合には、義歯を支える歯にも大きな負担がかかってしまいます。

インプラントなら、周りの歯に負担がかからず、インプラントを入れていること自体を忘れてしまうほど自然な装着感です。

入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯

残っている歯に針金をかけて失った歯を補う方法で、取り外し式です。針金が見えてしまったり、小数の欠損でも支持部が必要なので異物感がでてしまいます。また、取り外す回数により健康な歯に傷ができることさえあります。全ての歯を失ってしまった場合は、歯茎で人工の歯を支えることになります。顎の骨が退化している場合は安定が悪くなります。人により異物感がひどくあり、嘔吐反応がでる場合があります。

ブリッジ

ブリッジとは、歯を失ってしまった箇所を補うために両隣の歯を一回りずつ削り、歯を失ってしまった箇所に取り外しのできない入れ歯を入れる方法です。この治療法には保険が適用されます。ただ周囲の健康な歯を削る必要があります。また、食べかすが詰まってしまい歯槽膿漏や虫歯の原因になる可能性もあります。保険内でのブリッジの場合、笑うと銀歯が見えることもあります。費用をかけることにより、見た目に美しく仕上げることも可能です。
インプラント ブリッジ 義歯(入れ歯)
特徴
  • 健康な歯を削る必要がない。
  • 外見上も不自然さがない。
  • インプラント(埋め込み)なのでしっかり固定され、他の歯に負担をかけない。
  • 咬む力もあり天然の歯と変わらない食感を楽しめる。
  • 咬み合わせが良く、顎の骨が痩せるのを防ぐ。
  • 失った歯の本数が少ない場合によく使われる方法。
  • 取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定している。
  • 咬む力も回復できる。
  • ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかける。
  • ブリッジを支える健康な歯を削らなければならない。
<部分入れ歯>
  • 取り外しができる。
  • ブリッジのように健康な歯を削らずにすむというメリットがある。
  • 不安定なため咬む力は弱くなる。
  • 違和感がある場合が多い。

<総入れ歯>

  • 部分入れ歯よりも、さらに安定が悪くなる。
  • 歯茎全体で入れ歯を支える形になり、咬む力もかなり弱くなる。
  • 食べ物の咬み心地が分からないため食べる楽しが失われる。
  • 顎の骨がやせて合わなくなると作り直す必要がある。
費用
  • 保険は適用されない。
  • 費用は、見た目の良い入れ歯やブリッジと同程度。
※治療本数、部位などによって費用は多少異なります。ご質問やご相談はお気軽に。
  • 保険適用されるものもある。
  • 保険適用されるものもある。

インプラント手術の流れ

インプラント自体は虫歯にはなりませんが、インプラント施術箇所(口腔内も含む)を清潔に保たないと、インプラント歯周炎により周りの歯肉が駄目になってしまいます。
インプラント手術後は、天然歯以上に、毎日のケアが重要になります。

歯科医院にて医師や歯科衛生士によるケア(お口の掃除)と正しいブラッシングができない状態ですと、せっかくのインプラントも数年しか持たないということもあります。
正しい歯磨きの習慣を身につけてからインプラント手術をされるのが理想です。
また、インプラント手術後も歯科医院でのメンテナンスが必要になります。

検診・メンテナンスを怠りますと当歯科医院では保証の責任をもてなくなります。
当歯科医院では、インプラントの維持のための検診・メンテナンスを受けることに同意して頂いてから手術をおこないます。

インプラント手術 2回法

  • 1.埋入手術(1回目の手術)

    十分な麻酔のもとフィクスチュアーを埋めます。これがインプラントの土台となります。
    歯茎を少し切開し、顎の骨を包んでいる粘膜をはがし小さな穴をあけます。骨はネジ式にフィクスチュアーと合うようになっています。そこにフィクスチュアーを埋入し、2次手術に備えフィクスチュアーにカバーをかぶせます。

  • 2.縫合

    歯肉を上から閉じ合わせ、フィクスチャーを完全に埋没させます。

  • 3.骨結合を待ちます

    インプラントとあごの骨の結合を3~6ヶ月待ちます。
    出来るだけ仮歯を使ってより快適に過ごしていただきます。

  • 4.つなぎ目をつける(2回目の手術)

    歯となる部分とのつなぎ目(アバットメント)をつけます。
    インプラント2次処置、土台のための型とり(埋入処置後、約3~6ヶ月後を予定)

  • 5.人工歯をかぶせる

    仮歯を外し、完成した人工の歯(上部構造)をつけます。
    メンテナンス
    治療終了後も、継続的なメンテナンスが必要です。

10年後でも95% カギはメンテナンス

インプラント治療は、成功率の高い治療

インプラント材料の技術は目覚しく発展しています。
近年の研究報告では、インプラントが10年後口の中で機能している確率は約95%でした。
インプラントは、正しく利用することで、長持ちする治療法と言えます。

長く持たせるためにインプラント治療で最も大切なのは、治療終了後のメンテナンスです。
長く使い続けるためにも、定期的なメンテナンスに通っていただく必要があります。

インプラントの具合が悪くなったら

残念ながらインプラントはすべての方が一生使用できるわけではありません。
なかには除去しなければならないケースもあります。

インプラント除去は多くの場合「自分の歯」を抜くのと同じです。
インプラントを除去した場合、ほとんどの方が「再びインプラント治療」を希望されます。
その際はインプラントを抜いた部位の骨の回復後、再度インプラント治療を行います。

ただし、骨の吸収が進んだ場合には再度のインプラント治療が不可能な場合があります。
※インプラントが悪くならないように手入れを行い、定期検診を受けましょう!

Medical Deduction歯科治療費の医療費控除

軽減される税額の早見表

平成26年8月31日現在の税制に基づき作成しています。

※この表の「軽減させる税額」は、所得控除が基礎控除(38万円)のみ受けているものとして計算します。
※詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。
国税庁 タックスアンサー

Simulation計算してみましょう

医療費控除とは

自分自身や家族のために医療費を支払った場合、確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。

■歯科治療費が医療費控除の対象となるかの判断
(1)歯の治療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になります。保険診療に限らず自費診療においても医療費控除の対象となる場合があります。
一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりませんが、金やポーセレンを使った義歯の挿入などの治療は一般的なものとされ、対象になります。(詳しくは歯科医師にお問い合わせ下さい。)

(2)発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などから歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし同じ歯列矯正でも、審美を目的とした場合の費用は医療費控除の対象になりませ

ん。

(3)治療のための通院費も医療費控除の対象になります。またお子様の通院に付添いが必要な場合は、付添人の交通費も含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額を記録し、タクシーなど領収書がある場合は保管して下さい。
ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は、医療費控除の対象にはなりません。

■治療費をデンタルローンで支払った場合(当歯科クリニックではデンタルローンは取り扱っておりません。) デンタルローンは患者様が支払うべき治療費を信販会社が立替払いをし、その立替分を患者様が分割で信販会社に返済していくものです。したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者様のその立替払をした年の医療費控除の対象になります。
なお、デンタルローンを利用した場合には、患者様の手元には治療費の領収書がないことが考えられますが、デンタルローンの契約書の写しを用意してください。
※金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりませんのでご注意下さい。

■歯の医療費をカードにより支払う場合
カードを利用した場合でも、歯科医院発行の領収書を添付書類と、カードローンの契約書の写しをご用意ください。
※金利及び手数料は医療費控除の対象となりませんので御注意下さい。

※この表の「軽減させる税額」は、所得控除が基礎控除(38万円)のみ受けているものとして計算します。
※詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。
国税庁 タックスアンサー

当院ではクレジットカードでの支払いに対応しております。

Aesthetic Dentistry審美歯科

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。

保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。

それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

保険が適用できないケース

  • 01.治療目的以外の処置
  • 02.高価な材料を使う場合

一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。
治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。

きれいなむし歯治療

保険適用外治療なら噛む機能の回復だけでなく、美しさも追求できます。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をしました。

治療での目的は「機能の回復」であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
審美歯科では、機能的な側面だけでなく、「見た目の美しさ」いわゆる「審美」という側面も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方にお勧めの治療です。

ハイブリッドセラミックは、セラミックとそれらをつなぐ微量のプラスチックが混ざり合った材料で作られたインレー(詰め物)、クラウン(被せ物)です。
虫歯を治療した箇所をきれいに修復することが可能です。
強度と耐久性が強く、奥歯のように、噛む力が強い場合におすすめできます。天然の白さと輝きを取り戻す治療法です。

ハイブリッドセラミックインレー

パラジウム合金やレジンなら健康保険での治療が可能ですが、歯の残った部分との適合性が悪く、その隙間から再び虫歯になるリスクを抱えています。

ハイブリッドセラミックインレーは適合性が高く、虫歯リスクを低減できます。
また、歯の色に合わせてのオーダーメイドになりますので見た目の仕上がりが大変自然になり、かつて虫歯であったことが解らなくなるほどに修復することができます。

ジルコニア

ジルコニアとは、セラミックで作られたインレー、クラウンです。
歯を治療した箇所をきれいにすることが可能です。

歯の色が自由に調節でき、天然の歯と同じような自然な感じを出せます。
また、変色が全く起こらないのも大きな特徴です。
歯と同じ白色なので目立たず、健康的な印象を与えることが可能です。

メタルボンド

金属の上にセラミックを焼き付けたクラウン(被せもの)を利用する治療法です。
セラミックは変色せず、審美性に優れた材料ですが、衝撃に弱く割れやすいという弱点があります。

一方で、金属は強度がある反面、審美性に劣るという欠点があります。
それぞれの利点が欠点を補いあう治療法です。

Whiteningホワイトニング

白い歯・美しい口元は、笑顔を引き出し、あなたの人生までも明るく変えてしまうような原動力となります。ホワイトニングをして、きれいな歯・笑顔が手に入る。審美歯科が確立された今、あなたの希望はきっとかないます。

もっとも、期待の裏側で、初めてホワイトニングをされる方にとって、不安や疑問はあって当然です。当院では、不安を少しでも解消していただくために、治療の流れ、費用などを、丁寧にご説明いたします。ご不明な点ございましたら何なりとおたずね下さい。
スタッフ一同、あなたのご期待・ご希望に沿えるよう、精一杯努力させて頂きます。

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングは専用の薬剤を使うそうですが、どんな薬剤ですか?
消毒で利用するオキシドールに含まれている成分と同じです。
ホワイトニングで使用する薬剤は過酸化水素や過酸化尿素を弱酸性に調整したものです。
論文も出されていますが、安全性も保証されていますので、ご安心ください。
どんな歯でも誰でもホワイトニングできますか?
ホワイトニングには適応症がございます。
ホワイトニングには適応症があり、又、白く出来る限界もあります。患者さんの歯がホワイトニングに適しているのか、十分にカウンセリングを致します。
ホワイトニングって痛くないのですか?
薬の作用で歯が脱水症状を起こしその際一時的に痛みが出る場合があるがおさまります。
ホワイトニングは歯を削ったり、麻酔をしたりしないので痛みはありません。但し、ホワイトニング開始前に虫歯の治療は済ませておく必要があります。
ホワイトニングで白くなった歯は永久ですか?
オフィスホワイトニングは1~2年に一度、ホームホワイトニングは半年から一年に一度のメンテナンスが必要です。
ホワイトニング効果が永久に持続するのが望ましいのですが、残念ながらそうではありません。その方の歯の性質や生活習慣によって異なります。一度手に入れた白さをなるべく長時間維持する為には、オフィスホワイトニングの場合は1~2年に1度、ホームホワイトニングの場合は3~6ヶ月に1度の追加ホワイトニングをしていく必要があります。
追加ホワイトニングを定期的に行うことにより、再着色しずらい歯になっていくという結果が報告されています。再着色する理由としては、食物などによる外因性着色や年月とともに色調が濃くなるという自然現象等があり、ゆっくりではありますが、術前の状態に戻っていく現象があります。
妊娠中のホワイトニングは可能ですか?
安全性が確認されておりませんので出来ません。
妊婦・胎児に対して問題があるという文献は無いのですが、問題が無いという文献もありません。
したがって安全性が確認されていない事から、適応外とさせていただいております。

Denture義歯・入れ歯

やむなく、抜歯された場合

様々な事情により歯がなくなってしまった場合、 部分入れ歯や総入れ歯などを装着することになります。 健康保険適応の場合は使用できる素材に制限がありますが、 自費診療の場合は素材の制限がなくなり、 さらにフィット感の良い入れ歯にすることが出来ます。 また、バネのないフレキシブルデンチャーなど様々な入れ歯をご用意しております。

当歯科医院では患者さんのご要望にそって、最適な義歯をお作りします。

義歯の種類

フレキシブルデンチャー

金属のバネを使用していない入れ歯です。

見た目にも気付かれにくく装着感にも審美的にも優れています。最大の利点は他の歯への負担が少なく、入れ歯装着によるお口の中の変化を最小限にできる点です。調整が困難というデメリットがあり、どこの医院でも出来る。というものではありません。

金属アレルギーの方にも安心してご使用して頂ける入れ歯です。当歯科医院で作製させていただくノンクラスプデンチャーは、保証も含めてアフターケアにもしっかり対応しますので安心してお使いいただけます。

金属床義歯

金属を使用することで強度が増し、保険の入れ歯より壊れにくいです。
また食べ物や飲み物の冷たい・温かいがすぐ伝わるので美味しく食事をいただけます。さらに薄く作れるのでフィット感が増します

磁石式入れ歯

「歯の頭の部分が虫歯により崩壊したが、根だけは残りしっかりしている」、「残った根は絶対抜きたくないし、利用できるならしてほしい」などのご要望にお答えできるのがこの方法です。バネの代わりに磁石の力で固定する入れ歯で、ぴったり吸着します。

残った根に「磁性金属」を取り付け、入れ歯に「小型磁石」を埋め込み、この2つで固定します。同じく金属を使用するインプラントと違う点は、残った自身の根を使用する点であり、「最後まで自身の歯で食事をしたい」という希望をお持ちの方に最適です。

磁石式の入れ歯は

  • 装着・取り外しが簡単
  • 見た目に自然
  • お手入れが簡単
  • ピッタリと固定でき良く噛める
等のメリットがあります。

磁石式バネの注意点

磁石は人体に影響はありませんが、MRIなどの検査をされる際は取り外す事があります。
詳しくは担当医にお問い合わせ下さい。

レジン床~はじめての方も安心 保険でつくれる入れ歯~

保険でつくれるピンクの入れ歯

レジン床とは、ピンクのレジン(プラスチック)でつくられた一般的な入れ歯です。保険でつくれ、入れ歯の調整や壊れた場合の修理が比較的簡単です。入れ歯を新しく作った当初は、どうしても違和感や粘膜にあたるところなどがでてきます。
レジン床の入れ歯は、修理・改良が簡単にできますので、こういったトラブルにも迅速に対応できます。

はじめての方も安心

入れ歯を入れたいけど、保険がきくものが良い。 はじめての入れ歯でしっかり使えるか心配などという方におすすめの入れ歯です。

初めて入れ歯を入れる方へ

入れ歯は貴方のお口に合わせて作られています。しかし、初めて入れた場合は違和感を感じることでしょう。大切なのは慣れと練習です。

入れ歯をはめる前に

初めて入れ歯をはめる際は水で一度濡らしてください。
入れ歯のはめはずしは、丁寧にゆっくりとしてください。
慣れると簡単にできるようになります。

初めての入れ歯

初めは違和感が出て、外したくなりますがまず、1日は我慢してください。代表的な症状として唾液が出やすくなる歯や歯ぐきが締め付けられるような感覚が出る話しにくい吐き気がでるなどがあります。

これらの症状は2~3日で消えていきます。しかし、強い痛みや症状が出るようであれば担当医までご連絡ください。
患者様が安心して使えるようになるまで、丁寧かつ根気よく調整を重ねてまいります。入れ歯は異物ですから馴れないのは当然ですし、不安だと思います。一緒にその不安を解消し、食べれる喜びを実感できるよう頑張りましょう。

定期健診においでください

お口の中の粘膜やあごの骨の形は日々微妙に変化していきます。入れ歯もそれに合わせて定期的な調整が必要です。
緩んでガタついた入れ歯は不便で見た目も悪いので年に3~4回は定期検査をお受けください。